タンク 値引き 限度額

タンクの値引きの限度額は「30万円」ほどです。
同時に発売されたルーミーの値引きの限度額もタンクと同じ「30万円」ほどになります。

タンクは既に価格から考えられる、限界に近い金額まで値引きに応じるディーラーが出てきているようです。値引き交渉の進め方次第では非常に安く買うことができる車と言えます。

また、タンクの値引き額の相場は2018年3月時点で「23万円」なので、値引き額が「25万円」を超える辺りまで引き出すことができれば、購入に応じても良い目安かと思います。

タンクの値引き交渉においては、まず上記の相場の値引き額がすんなり出るかどうかで、「値引きできるディーラー」なのかどうか見極めていけばいいのではないでしょうか。

タンクの値引き交渉は、販売店になっているトヨペットとネッツでの両方で行うことで、値引きの限度額まで引き出せる可能性が高まります。さらに、姉妹車であるルーミーとの競合もタンクを限度額まで値引きを引き出す良い材料になるはずです。

雑誌で紹介されていた、限度額までタンクの値引きを引き出した実例では、トヨタ同士でタンクとルーミーを競合させ、さらにスズキのソリオも競合させていました。

タンクを値引き交渉に頼らず「100万円」以上安くする

タンクは値引き交渉に時間を掛け、競合を使ってじっくり値引きを引き出すのも良い作戦です。ただ、このような他車競合をする値引き交渉をするためには、日数をかけてあちこちのディーラーを訪ねてたくさんの見積りを取る必要があるのですが、反対に言えばそれだけたくさんのセールスマンと同時に交渉を行うことになり、その分断りを入れるセールスマンも増えてしまうので、ストレスを感じる方も多いと思います。

でも実は、セールスマン時代にお客さんにこっそり教えていたある方法を使えば、タンクの総支払額を値引き以外の方法から「100万円」以上安くできる可能性があります。

面倒な値引き交渉に頼らなくても、誰でも簡単にトヨタタンクの総支払額を安くできる方法を以下で紹介したいと思います。

タンクの総支払額を安くするために必要なこと

タンクの総支払額に影響するのは「タンク車両本体の値引き」「オプションからの値引き」だけでありません。今乗ってる車の「査定額」もタンクの総支払額を安くするために非常に重要です。

理由は後述しますが、ディーラーでの下取り査定はものすごく安いので、ディーラーではなく買取業者で下取り車の査定をしてみるようにしましょう。

ディーラーの査定額がものすごく安いことは、こちらのサイトで紹介されているディーラーと買取業者の査定額の比較を見るとよくわかると思います。

>>かんたん車査定ガイド

上記サイトには、ディーラーよりも「100万円」以上高い査定額が買取業者で付いたという体験談が紹介されています。

さすがにここまでの査定額の違いが出るのはレアケースだと思うかもしれませんが、私が知っている実例でも、6年乗って凹みもある国産ミニバンが買取業者でディーラーより「60万円」、7年乗った外車(ボルボ)が買取業者では「100万円」売れたケースがあります。

このように、買取業者の方が数十万円単位でディーラーよりも査定が高くなると思ってほぼ間違いないです。

タンクを購入する際も、値引き交渉で安くなった金額だけで満足せずに、下取り車を高額で売却することで総支払額を大幅に下げてみてはいかがでしょうか。

新型タンクの総支払額を安くするための具体的な方法

上記のように買取業者を上手に使えば、タンクの購入総額が何十万円も安くなります。

でも、買取業者に行けば必ず高額査定になるわけではありません。業者によって買取が得意な車と不得意な車があったりするからです。

そこでおすすめなのは、複数の買取業者を比較できるネットの「一括無料査定」を使う方法です。

一括無料査定を使うメリットとコツ

一括無料査定サービスを使うと、最大で10社近くの業者をひとまとめに比較できるので、高額査定してくれる業者に出会える確率が大幅に上がります。それに業者同士が競い合って査定額が上がりやすくなります。

また、自分で1件ずつ業者へ出向く手間と時間も省けるので、忙しい方には特におすすめです。

実際に査定してもらうときのコツは、複数の業者を同じ時間に呼ぶことです。オークションのように業者を一同に集めて値付けさせることで、査定額がどんどん上がります。

業者にとっても、その場ですぐに話がまとまるのは悪い話ではありませんし、金額で勝負できない業者はその時点で参加してこないこともあるので、本当に愛車を高く買ってくれる業者の選定にも役に立ちます。

後は、一番良い条件の業者と実際に契約すればよいだけで、一度に全て終わるのでお互いに時間短縮にもなります。

一括無料査定サービスランキング

以下に、査定依頼できる業者の数、入力フォームの簡単さなどを基準におすすめの一括無料査定サービスを集めました。

トヨタの新型タンクの総支払額を少しでも安くするために役立ててください。

1位 かんたん車査定ガイド

公式サイトはこちら

・45秒でかんたんに入力が完了
概算の査定額が情報入力した後にすぐ画面でわかります
・サービスを運営するのは東証一部上場企業「エイチーム」
・提携の車買取査定会社は「JADRI(日本自動車流通研究会)」に加盟してる優良企業

公式サイトはこちら

2位 ズバット車買取比較

公式サイトはこちら

全国の150社から厳選された最大10社に一括無料査定依頼
・サービス利用時の不明点は年末年始以外は年中無休のカスタマーセンターに相談可能
・過去の利用者数100万人以上
・利用者は平均「16万円」ディーラー下取りよりも得しています

公式サイトはこちら

3位 カーセンサー.net簡単ネット査定

公式サイトはこちら

・「リクルート」が運営するサービス
・公式サイトには「車買取・車査定完全ガイド」「車買取・車査定額UPのお手軽テクニック54 」など、事前に知りたい情報が掲載

公式サイトはこちら

ディーラーが高額査定できない理由、しない理由

ディーラーでは上記の例のように、査定額が買取相場よりも安くなりがちです。私のセールス時代も、「5年落ち」「7年落ち」や「他メーカー」「外車」など、あまり値付けに積極的ではない種類の車はありました。

なぜディーラー査定が安いかの理由は、買取後の販路にあります。

ディーラーでは下取りした車を自社の中古車店舗で販売するのが一般的ですが、買取業者ならばオークション、輸出、個人売買など、その時に一番高く転売できるルートを基準に値付けできるのです。

また、ディーラーは新車を売るのがメインで、買取業者はまず車を買取しないと仕事が始まらないというビジネス形態の違いも大きいと思います。

これは言いにくいことですが、ディーラーでは相場よりも安く査定額を提示したとしても、お客さんのほとんどが何も疑問に思わず車を売ってくれるので、あえて高額査定をする必要もないのです。

当たり前ですが、ほとんどのお客さんは自分の愛車の査定額の相場を知りませんし、相場よりも低い価値しか無いと思っている方が非常に多いです。

それもあってか、ディーラーでは値引き交渉に熱心なお客さんは多くても、下取り車の査定額までも熱心に交渉してくる方はほとんどいません。

相場よりも安く車を手放してくれるわけなので、ディーラーとしては下取りというのは非常においしい商売でもあります。

トヨタ タンク 値引き

タンクの値引き限度額は「25~30万円」あたりに収まるはずです。

発売から2年ほど経過しているライバル車のソリオの値引きの限度額も「25~30万円」あたりです。

タンクとソリオで、1台あたりの利益にはさほど違いが無いと考えられるので、値引きの限度額はタンクもソリオも同じくらいになると思われます。

タンク 値引き 相場

タンクの値引き相場は、最初に紹介したように「23万円」ほどです。

ただ、この「相場」というのは、タンクを販売しているトヨタディーラー全体の平均値なので、ディーラーの販売戦略によっては値引きの限度額が相場よりももっと低いなんてこともありえます。

トヨタディーラーは全て同じ会社ではなく、各地域の中小企業が運営しているので、経営資本が違えば同じタンクであっても値引き額の限度額に違いがあります。

タンクは「トヨペット」「ネッツ」で併売されていますが、「トヨペット」と「ネッツ」では運営会社が違うので、それぞれで値引きの限度額が変わるはずです。また、同じ「トヨペット」でも別の地域の「○○トヨペット」の○○部分が違えば別会社になりますし、ネッツも「ネッツトヨタ○○」の○○の部分が違えば別会社です。

このように、タンクを販売しているトヨタディーラーは同じように見えても、会社名が変われば別会社で、値引きに対しての考え方についても、薄利多売なのか1台あたりの利益を重視するかの各社の方針の違いが大きく影響します。

タンクの値引き額は「23万円」が相場と言われていますが、あるディーラーではその会社の方針でタンクの値引きは「20万円」が限度額という場合もあります。
反対に、あるディーラーではその会社の方針でタンクの値引きは「30万円」が限度額なんて場合もあります。

このように、同じタンクを購入するのでも、どの会社が運営しているディーラーで購入するかで、大きく値引き額は変わります。

このことを知らないと、タンクの値引き額は「20万円」が限度額という方針のディーラーと一生懸命値引き交渉をして、時間を無駄にしてしまう方もいるはずです。

タンクの値引き額を少しでも多く引き出したいという方は、「値引きができないディーラー」と気付かず値引き交渉を続けてしまうことを避けるために、別の運営会社が経営しているタンクを扱うディーラーとの値引き交渉を並行して行うことが大切です。

 

© 2018 タンク 値引き rss